FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

12

Category: 旅記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

松明あかし@須賀川

松明あかし

日本三大火祭りの一つ、須賀川の「松明あかし」に行ってきました。
でも実は三大ってよりも四大なのは内緒。
たぶん有名な火祭りって
・松明あかし(福島県・須賀川市)
・お松明(京都府)
・鬼夜(福岡県・久留米市)
・向田の火祭り(石川県・能登島町)
だと思うのですが、他にも有名なのが色々あるのでどれが正解かは謎。

火祭りというのは初めてだったのですが、須賀川のは須賀川城落城の際の鎮魂的な意味があるとの事。
今年は東日本大震災もあったので、また別の側面も持っているのかもしれません。
駅に着いたときはそんなに人多くないな、と思ったのですが始まる頃には歩くのも大変なほど。
といっても私は早々に着いて場所を確保していた為、ゆっくり見れましたが。
ゆっくり見たい、と言う方は二時間くらい前から場所取りしておくといいかもです。

大松明、姫松明という二つの大きい松明から火が点き、あっという間に燃えていく。
たったこれだけのことなのに、あっけにとられてしまった自分がいました。
火は古来から神事や祭事に使用され、信仰されてきましたがその意味がよく分かる気がします。
燃え落ちていく様に魅了され、日常との別離を思わせます。
幻想的、とはちょっと違うのですが火の美しさがそこにはありました。
ちなみに手前に写っている城を模したものも後ほど燃えました。
落城していく様が何か切ない感じがします。
火は怖く、美しい。
それを強く感じた祭でした。

スポンサーサイト



09

Category: 旅記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

中津川渓谷

中津川渓谷

昨日の予告どおり紅葉を見に行きました。
今回は中津川渓谷。
福島県の裏磐梯のあたりにあるスポットです。
そこまでは有料道路で五色沼等を眺めながらドライブし、着いたあとは10分程度徒歩。
昨日雨が降ったのか地面がぬかるんでいて歩き辛く、ネタとしては転ぶべきでしたが無事到着。
舗装等はされていないので、もし行く人がいるのならそれなりの靴で行く事をおススメします。
パンプスで歩いていた人もいましたが……いやはや、あの泥道を歩くって凄いなぁと。

紅葉はほんのり程度でそこまで色づいてはいませんでしたが、景色だけでも十分楽しめました。
川の流れる音、澄んだ空気、溢れるマイナスイオン。
最後のはどうでもいいですが、静かでいい場所だったのではないかと。
ただ思ったよりも観光客が多く、駐車場はほぼ満車。
こりゃシーズン真っ只中に行ったら大変かも……。
程よい混み具合だったのでゆっくりと眺める事ができたし、この時期でよかった。
ま、機会があれば紅葉を見に来るのもいいかもしれません。

25

Category: 旅記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

宮城峡蒸留所

宮城峡蒸留所

行ってきました宮城峡!!
これで余市、宮城峡、白州、山崎を制覇。
あえて言うならあとはキリンの富士御殿場蒸留所だけでしょうか。
でもだいたいは制覇です。

仙台から約一時間。
ひっそりとした山奥に宮城峡蒸留所はありました。
当日はあいにくのうす曇&雨。
見学は徒歩だったため、ニッカウヰスキーと書かれた黄色いビニール傘を手に見学。
ウイスキーの工場見学は回数こなしているので今更見学してもどうなのよと思ったんですが、なんとウイスキー作りに欠かせない「ピート(草炭)」を実際に触る事が出来ました!!
(*´∀`)ちょっと感激
燻すとスモーキーフレバーが付くのですが、ピート自体には香りって全くしないんですね。
あれから香りが出るかと思うとちょっと不思議。
他にも蒸留釜や貯蔵庫やらをじっくりと見学。
ここは余市とポットスチルの形と過熱方法が違うんですね。
こんな所も個人的には面白く感じたり。

とまぁ色々語りましたが、ここのメインはやっぱり試飲。
宮城峡では宮城峡10年と鶴17年の試飲でした。
宮城峡のあま~い感じがすごく飲みやすい。
山崎もバランスいいし初心者向きだと思いますが、個人的には宮城峡の水割りがシングルモルトでは一番初心者向きかなと思います。
ただ知名度が……という点もあるんですけどね。
ハチミツの様な香りは苦手な人は少ないと思うんだけどなぁ。
鶴17年は相変わらずの香味、味わい共にバランスの良さが際立ちます。
ニッカはブレンデッドが本当に美味いし上手い。

試飲が終わった後は同じ建物内にあるバーでゆっくり。
今回飲んだシングルカスクは以下の通り

・宮城峡12年 フルーティー&リッチ(バーボンメリード樽)
 香り…りんごやバナナを思わせるフルーティーな香り、キャンディのような甘い香りと
     ウッディな樽の香りのバランス。
 味……リッチでスムース。麦芽の風味。果実の甘さと華やかさ。甘美で豊かな余韻。
・宮城峡12年 モルティ&ソフト(活性樽)
 香り…ソフトな麦芽の香り。穏やかな樽熟成香。ブーケ、フローラル、青草やハーブの
     香りが調和している。
 味……柔らかさ、軽快でスムース。エステルの華やかさ、麦芽、かすかにスパイシー。
     心地よいほろ苦さとドライなフィニッシュ。
・宮城峡12年 シェリー&スイート(シェリー樽)
 香り…シェリー樽の濃密で甘い熟成香、レーズンやプラムを思わせる甘酸っぱい香り。
 味……重厚でスイートな味わい。樽由来のスパイシーさと香ばしさ。マッチ、熟れたフルーツ。
     ややビターで長く続く甘い余韻。
・宮城峡5年(活性樽)
 香り…荒々しさがとれ、軽い麦芽香とリンゴ様の果実香や淡い花香。
 味……樽香がやや押さえられえた柔らかで甘い味わい。

竹鶴21年も飲んだのですが、どこにでもあるのでノンレビュー。
個人的にはシェリーとフルーティーが美味かったですね。
バーだと一杯200~400円くらいでかなりの数が飲めるので、ここに来たらゆっくりと飲む価値ありですよ!!
あとニッカ系列はウイスキーで使用されている伏流水が飲めるのは蒸留所だけ。
それの水割りを飲みに来るだけでも十分元は取れると個人的には思います。

今回は嫁とでしたが、そのうちウイスキー好きな人と一緒に飲みに行きたいなぁと思います。
うちから片道2時間くらいかかりますけどね……。

Continue

28

Category: 旅記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

新婚旅行 最終日

あっという間の新婚旅行最終日。

疲れもたまっていたので、朝食後ゆっくりとチェックアウト。

まずは嫁が希望した海中道路へ出発。

ドライブみたいにずーっと車に乗って景色を眺めながらついた先は道の駅ならぬ海の駅。

目印の大きな船と広大な海と島が見れるちょっと素敵スポット。

お土産やら資料館やらあり、ちょっと資料館を覗いていたらいきなり職員に声をかけられました。

「津波警報が出ているので、高台に逃げてください(キリッ)」

………………
…………
……(゚Д゚ )ハァ?

どうやら前日起こったチリの大地震の余波で津波がこちらに向かっているとの事。

嫁に知らせとりあえず海の駅を出ることに。

しかし急に来ないだろとそのまま伊計島まで走らせUターン。

警報出ているにもかかわらずのんきに橋の上で釣りをする人もいました。

……もしかして注意する程でもなかったんだじゃないか(゚Д゚;)

その後レンタカーを返し、向かったのは国際通り。

沖縄でも有数の観光スポットお土産通りです。

まずは私の目当てである泡盛を存分に楽しみ、嫁は嫁で雑貨やお土産などをぶらりぶらり観て歩く。

今回の旅行では

「お土産にちんすこうは絶対買わないぜー」

と思っていたのですが、お菓子御殿で食べた塩ちんすこうがあまりにも美味く購入決定。

ちなみにそこで食べた島唐辛子ちんすこうも同時購入。

こちらは美味いんだが、結構辛い……辛いの苦手な人は注意っすよ!!

昼飯を食べ土産屋を観て回ると、有名なぺんぎん食堂のラー油を発見。

店の人に値段を聞くと

「3,000円」

(゚Д゚#)ハァ?

あまりにぼられそうだったのでイラっとして購入を断念。

夕飯を食べようとあらかじめ決めていた「ゆうなんぎい」へ向かうとなんと休業。

ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

たしか京都のときも目当ての店が休みでした。

定休日は確認しないとダメだなぁ。

結局晩飯は空港で食べ、そのまま帰宅。

なんだかあっという間の4日間でしたが、イベント盛りだくさんの新婚旅行でした。

明日は休みなので、ゆっくりしますかね。

27

Category: 旅記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

新婚旅行 3日目

朝起きてテレビを見れば地震のニュース。

どうやら次はチリのようで。

まさかこれが後々影響があるとは露にも思わず、頭の片隅に追いやって朝食へ。

早めに朝食を終え、せっかくのリラックマルームということで嫁は室内のリラックマとひたすらもふもふ。

一方淡々と準備を進める私。

えぇ、まぁこんなもんですよ。

名残惜しそうに部屋を見つめる嫁を無理やり引っぺがし、まず向かうは斎場御嶽。せいふぁーうたきと読みます。

琉球王国の関連遺跡(世界遺産)で、有名なスピリチュアルスポット。

スピリチュアルで力を貰うぜーーー……と意気込んだはいいものの、あまりの山道に体力消耗。

しかも朝雨が降ったので地面が滑って転びそうになること数回。

……転べばいいのにって思わないでください・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

道なき道に近い山道を歩いた先にはまさに絶景。

琉球王国が一望ですよ。


曇ってて遠く見えなかったけど・゚・(ノД`)・゚・。


なんとか下って次に向かったのはドライブがてらニライカナイ橋を経由して平和記念公園。

以前沖縄に来たとき寄ったのですが、嫁が来たことないというので勧めました。

戦争の悲しさ、せつなさ、つらさ、残酷さ。

これらを知ることってすごく重要で大切なことだと考えます。

館内だって以前も見たにもかかわらず真剣に見てしまう自分がいるわけで。

そして一気にテンション激落ちの二人。

嫁には相当堪えた様子。まぁある意味新婚旅行で来る場所ではなかったかも。

一方周りにいる修学旅行と思わしき学生集団の楽しそうなこと。

平和ってことっすかね┐(´д`)┌

そのままちょっと離れたひめゆりの塔も見学。

こちらは来た事が無く、今回が初めて。

ひめゆりが「おとひめ」と「しらゆり」の合わせた名称だったなんてはじめて知りました。

詳しいことが知りたい人はwebで検索!!

とにかくこの2つの見学場所は思うことが多すぎて上手く言葉に出来ません。

ただ日本人なら一度は見てほしい。

そう思える場所です。

そして本日最後は喜屋武岬へ。

途中カーナビあるにも道に迷い(というか喜屋武岬の場所があまりにアレな場所にあったので、道を間違えたのかと思った)検索していたところ、地元のおっちゃんが丁寧に教えてくれました。

やっぱり沖縄の人はあったけぇよ!!

そして道なき道を看板頼りに進むとようやく到着。

戦時中追い詰められた人が身投げした悲しい思い出の場所ですが、そこからの景色は壮大なものがあります。

岩、波、風。

やさしくも厳しい自然がそこにはありました。

夕方近かった為、空を見上げれば天使の梯子が。

ここで身投げした人はあの梯子に乗れたのでしょうか……。


そして帰りがけ車に乗るとなぜかパトカー登場。

シカトして帰りましたが、いったいこんな所に何しに来たんだろうか。

謎は深まるばかりです。

ホテルに帰ってまずは気になっていたドクターフィッシュへ。

どうやら魚が足の角質とかを食べてくれるらしい。

言ってみると結構込んでて、何気に満員。

ただすぐ空いたので早速チャレンジ。

魚のいる湯船に足をつけるとめちゃめちゃ群がってくる魚達。

感想を一言で言うと……めちゃめちゃくすぐったい!!

どうやら私の足はそうとう汚いようです・゚・(つД`)・゚・

そんな魚ちゃんたちも10分もすればほとんど寄ってこなくなりました。


浄化完了


体をきれいにした後は夕食を食べに近くの居酒屋へ。

どうやら団体客が来ていたらしく、注文してから30分以上してから飲み物が来ました。

そしてさらに15分してからちょっとずつ料理がきました。

……忙しいのは分かるけどさ、これってどうなのよ?

しかも注文するときそんなこと一言も言われてなかったし。

料理は美味かったのでいいんですが、最後の最後に心のしこりが残った3日目でした。


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。