FC2ブログ
  05 ,2006

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

31

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

SBRは読んでない

 つよきすを乙女さんだけクリアして飲み会へ。

 バイトのメンツでの飲み会はずいぶんと久し振りなんで、話題が途切れない途切れない。

 
 主な話題は書店での話とオタトーク。オレよりもオタ歴が長い人ばかりなので(というかオレ年齢的に最年少)みんないろんな事に詳しすぎです。

 さすがに昔のゲームやらアニメやらはもう置いてぼり。90年代のジャンプが限界です安西先生。でもCoolで盛り上がれる二十代でもあります。

 つかね、もうジョジョネタがえらいことになってた。もう会話の中にジョジョネタでまくり。もはやジョジョがわからないと笑えない場面も。もう一部とか忘れてるよ、オレ。でも三部からならなんとか着いていける今日この頃。

 つーわけで今度ジョジョでも読み直してみようかと思います。さ~て、どうやって集めるかな。

 ……その前にお金がやばいです。

 姉さん。事件です。
 

スポンサーサイト



30

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

タイミングの悪さ

 所用で出かけていたので今日はゲームできず。

 そういやようやくFateのDVD3巻届きました。

 さすがAmazon。発売日には届かない。つか東京都なのにどういうことですか。

 ちなみにDVD買ってる割にあんまりみてません。つかリアルタイムで追ってるから。

 といいつつ溜まりに溜まったFateとハルヒのビデオを全く消化してません。せめてつよきすやキミキスが終わるまでは無理だろうなぁ。というかそっち優先。


 所用ってのは学校なんですが、久し振りに図書館へGo。卒論用の資料を少しばかり見てきました。

 何にしていいかわかんねぇ

 そういう日に限って教授もいない。あ~、とんだ無駄な日だった。

 帰りに健康診断書なるものを入手。以上無しなのでこれといった見所も無し。

 バイトはなんか知らんが忙しかった。本当に火曜日かと思えるくらいの忙しさ。やっぱ給料日後はみんな金つかうんだなぁとか思ったり。

 まぁ一番の原因はオレが発注したのが一杯きたことなんだけど。

 ……こんな日もあるさ。

 そうそう、明日はバイトのメンツで久し振りの飲み会。楽しみにしておきます。

29

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

(ある意味)怖い話

 現在残すところ乙女さんと甲殻類だけになりました。

 つかよっぴーシナリオ消えたのはトータルすると痛いかも。お気軽なノリの作品の中にきらりと光るシナリオだったのに。まぁエロゲー用のシナリオだったつーのはあるけど、もったいないです。

 あとフカヒレは最高です。


 皆さんは買い物をする際に店員にはどういう態度で接してます? 

 フランクな方もいれば、一言も話さないなんて人もいることでしょう。中にはタメ口の人なんてのもいますが。

 ちなみにオレはタメ口で話されるのが大嫌いです。接客業だから表立っていやな顔をしたりはしませんが、内心は『テメーこの野郎。少しは礼儀ってもんを覚えやがれ』とか考えてる。お客様は神様じゃなく所詮人なので、人間社会のルールは守れと思うわけだ。

 さて、本日かなりの剛の者がバイト先に来店されました。

 先日27日にToHeart2のコミックが発売されたんですが、最初はそれの在庫を聞かれたんですよ。

 しかし残念ながら日曜の時点で売切れてしまったので、そのことを話すと――

 愚痴られた

 オレにどうしろと。

 その人は本来他の書店で予約していたらしいのですが、どうもその書店の手違いで予約分を売ってしまったらしい。なので仕方なく探してるということを

 15分以上かけて説明してくれました

 ……仕事中なんですけど。

 そしてそのまま終わるかと思いきや

 コミックの内容説明始めました

 ……ごめんなさい。コミック持ってます。さすがに言いませんでしたが。

 そして話の流れは勝手に変わり『なぜ主役はこのみなのか』という話題に。どうやらその人はいいんちょファンらしく、いいんちょの素晴らしさとかを熱く語られました。そしてなんでいいんちょシナリオでマンガ描かないのかとか、いいんちょがメインヒロインだろとか言い出す始末。

 オレはLeafの社員でも
作者でもありません

 オレに抗議されたところでどうにでもなるものじゃありません。その話を約15分。

 それで終わればよかった。しかし現実とは辛いもの。

 他のコミックについて語りだしました

 もうね、仕事にならんのよ。しかもわけわからんから相づち打つので精一杯。オレはメディアワークスとか角川のコミックをあんまり読まないので(持ってるのは月姫とFate、エヴァくらい)、熱く語られても全然内容がわからん。

 お客なのでぞんざいに扱うわけにもいかないので、そこはもう忍耐力との勝負。最後のほうは笑顔が引きつっていたと思う。


 最終的には社員に救出してもらったわけですが、なんともまぁ辛い40分だったことか。

 みなさん、店員に在庫等を聞くのは良いですが仕事を妨げないように。つかホントああいうオタクにはなりたくないものだ。つかマジで痛い人だった。

 書店という関係上オタク系の方々を良く見ますが(自分含め)、痛い人はホント痛いんだなぁって実感しますね。まぁオタクもピンキリってことかな。

28

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生ぬるい生活

 こんにゃーた。どっぷりつよきすやってました。

 とりあえず素奈緒クリア。なごみもクリア。やっぱつよきす面白いわ。

 具体的なレビューは後日全部クリアしてからってことで。まぁPC版全部やってるからこっからは変わらないんだけど。

 ……ごめん、引きこもってるとあんまり書くことない。

 結局ダービーも見なかったしなぁ。ちなみにその時間は爆睡しとりました。

 最近10時就寝16時起床というわけのわからない時間帯で生きとります。

 ダメ人間万歳。

 でもそろそろ卒論も真剣に取り組まないといけなかったり、就活も再開しなきゃいけなかったりと、やることはあるのだけれど現実逃避しまくり。ぬるく生きてます。

 でも現在執筆は微妙にしてたり。ちかきょでも光
源氏でもないので、完全新作短編です。しかしながらこの作品は公開できるかわかりませんが。諸事情で書いてる作品ですので、きちんと仕上がるか、そしてどうやって公開するかとか色々考える事がありまくりです。う~ん、そろそろ本腰入れて書かないと間に合わないかも。

 わけのわからん文章でごめんなさい。

 とりあえずつよきすやっときます。

27

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生ぬるい高校生活

 素奈緒かわいいよ、素奈緒。

 ということで現在PS2のつよきすやってます。もちろん最初の狙いは素奈緒。なごみか悩みましたが、やっぱ新キャラからやっていこうかなと。

 素奈緒ですが、正統派ツンデレですね。なんか秋桜の空にのはるぴーを思い出しました。『絶対殺す』が『トサカきた』に変わったくらいで、基本的には似たタイプかと。

 ストーリーは序盤だけとって付けた感じがしなくも無い。まぁ序盤は一つの流れが完璧に出来上がってるから、あそこに新しくエピソード入れるのって難しいと思う。というかあの時系列でやるのは難しかったのかも。序盤だとほとんど接触してないのに、素奈緒気になるとか言い出すし。まぁ過去のことがあったから嫌でも目に入ったとも解釈できますけど。
 しかし相変らずのタカヒロ節は健在。十分面白いし、笑わせてもらってます。
 けど素奈緒ネタやるならちょっと違う時系列のほうがよかったのかもなぁ。そういった点ではファンディスクのようなものでやるべきネタだったのかも。

 とか色々言ってますけど、まだクリアしてません。とにかく最終的に『面白かった』と思えばなんでも許される(と個人的には思う)ので、この生温かく心地いい――まさしく高校生という雰囲気を味わっていたいと思います。

 しかしながらPS2は規制多いな。カニの立ち絵とか減ってるし、会話も少しパワーダウンしてる気がしなくも無い。祈ちゃんネタも減ってるし……所詮はコンシューマーか。やっぱパソゲーのほうが規制ゆるいから、表現したいことしやすいんだろうな、とか邪推してみたり。

 家族計画のときも思ったけど、やっぱソニーはチェック厳しい。もうちょっとゆるくしてもいいんじゃないかな? 他のシナリオやってないからまだなんとも言えないけど、やっぱPC版のほうが面白かったとかいうことになり兼ねなくて怖い今日この頃。

26

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

SAYONARA

さらばねこねこ 秋葉原に予約してきたものを回収ついでにねこねこソフトのイベントに行ってきました。こういう類のイベントに行ったのは初めてですが、なかなかいい経験になったと思います。

 イベント会場は入った瞬間多くの人。すげー人が多くてマジでビックリした。イベントってあんなに人がいるものなのかしらとか思ってみたり。会場整理している人が『男の花道をあけてください』と何度も言っていたのが印象に残ってます。でもきっとあの場では『漢』と表記するほうが正しい気がしてなりません。

 ひたすら列に並び、写真に写っているものを頂いてきました。具体的には
・しおり二枚
・スタンプ(押してもらうだけ)
・修正ファイルの入ったCD
・常温という匠の技で素晴らしい感じに熟成されたドクターペッパー
 の四点。写真だとわかりにくいかもしれませんが、ドクターペッパーの下の赤いのがスタンプです。メカ進藤と由希が目印。
 
 にしてもとうとうこれでねこねこソフト終わりです。最初にやったのはみずいろですが、気がつけば麻雀以外の作品は全てプレイ済みという根っからのねこ好きになってました。ちなみに麻雀やってない理由は当時金が無くて、そのままずるずるという典型的なパターン。

 これも全て貧乏が悪いんや!!

 がんばれデフレ社会とかどこが好景気なのかわからない小椋叢葦です。

 金が無いとか言ってる割に本日は衝動買いしてしまいました。

 当初からの購入予定のキミキスやつよきすは当然として、なぜかオレの側にある姉しょ2(初回版)。

 なんかね、お財布見たら一万円札が『ボクを使ってよ』と真摯な眼差しで見つめ返してきたんだ。それにこの間お友達からお金返してもらったばかりだからこうついつい――

 買ってしまったorz

 でも後悔してない。まぁいつかは買う予定のものだし。といってもしばらくはキミキスとつよきす、スカレやりますけど。

 というわけで早速つよきすやっときます。

25

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

陰謀だ!!

 久し振りにすごく天気がよかったですね。

 まぁそんなことは関係なく引きこもっていたわけですが。起きてすぐバイトだったし。

 これもNHKの陰謀だと思う。とまぁ最近読んだNHKにようこそに影響されてみたりします。佐藤はらぶやんの主人公とタメ張ってるくらいのダメ人間だと思う。そして岬ちゃんは可愛い。どうでもいいですね。つかあんな可愛いこと一緒にいられるならむしろひきこもr(ry

 病状が悪化しましたがなんとか持ち直しました。

 にしても今年はホント天気が悪い。何回洗車しても無駄になってる気がします。あ~、洗車めんどくせーのに……とかは思ってませんよ? でも気持ちよく走れないってのはあるかも。

 ネタがないので少し個人的なことでも。

 来月は久し振りにCDラッシュになりそう。あくまで個人的にですが。といってもデフォ買いのアーティストがCDだすだけなんですけど。

 まずB'z。7日にSPLASH、28日にモンスター。SPLASHはモンスターに収録されるみたいなんですけど、DVDが欲しいので購入。ちなみに青いジャケットのパルスがプロモのやつを予約してきました。軽く聞いたんですが、かなりオレ好みの曲。あと2週間ほどですが楽しみにしておきます。

 あと21日にでるROOSTERというバンドのニューアルバムCircles and Satellites。ROOSTERは以前タワーレコードでアルバム漁ってるときにたまたま出会った。
 まだ日本版が出てなくて、オレが持ってるのは輸入版のほうです。後に日本版が出て、ボーナストラックがあると知ったときは少し落ち込みましたが、でもあれだけのミュージシャンに出会えたことは大きい。ここ最近では一番気に入ってるロックバンド。個人的にはかなりお勧め。
 ネットでのアルバム視聴とかはまだしてないみたいなんですけど、今からかなりの期待感。願わくば裏切られないことを。
 アヴリルとかは1枚目が鬼のようによくて、2枚目はちょっと期待はずれだったからなぁ。

 とまぁ最近CDはバイト先でのレンタルが主流のオレが本当に欲しいアルバム紹介でした。いや、でもROOSTERはマジでお勧め。ファーストアルバムはUKロック好きなやつだったら必聴。

24

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

頭は平気らしい

 雨の中バイトから帰ってくると、家の近くのゴミボックスに向かって跳ねている蛙がいました。

 しかもアマガエルみたいな可愛いやつじゃなくて、ヒキガエルとかガマガエルとかのでかいやつ。あんなでかいカエルに遭遇したのは小学校以来じゃないだろうか。どうもあの手の巨大サイズのカエルってのは可愛くなくて困る。

 ちなみにアマガエルってかなりラブリーじゃない? 

 違いますかそうですか。

 さてさて、相方のブログで『メルブラ限定版当選した~』と喜びの声が上がってやがりました。一応おめでとうと祝いの言葉を送ってみたりします。

『当選おめでとう。殺血悪霊♡』

 軽いジャブです。そして別にマジカルルビーに操られているわけでも無いです。ましてやマスコットになってもいません。

 水無瀬アズマという漢は日本幸の薄い男選手権2位の実力の持ち主であるのに、幸せに遭遇するとは……きっと彼はこの時点で今年の全運勢を使い切ってしまったのでしょう。あとは……もうオレの口からは言えねぇよ…………。

 ちなみにオレは今回のメルブラは見送り予定。なんだかんだでPC版かなりやりこんじゃったから、今更買っても熱中できないと思うんだよなぁ。青子とかネコアルクとかはつかってみたい気もしますが、それだけのためにゲーム一本買うのも気が引けるし。それだったらDS買ってマザーやりたい。
ちなみにあれだけ欲しいと言ってながら未だにDS買ってません。いつになったら品不足が解消するんですか任天堂さん。
 
 とまぁ他にも八月は金が出て行くとか、その頃パワプロ真っ最中だよとか、八月末にはうたわれるもの出るじゃねーかということで見送ります。う~ん、TypeMoon関連で見送るのってこれが始めてかも。まぁたまには……な。

23

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ドツボにハマって

 どもども、最近昔のゲームに手を出してます。つかファイアーエムブレム。

 久し振りにやったけど、今やっても面白いなぁ。単純ながら戦略を考えるゲームってのがめっぽうすきなのです。サモンナイトに至っては1~3全ルートクリア+レベルマックスなんて意味の無いこともしました。若気の至りです、はい。

 若くないとか言うな

 しかし超有名SRPGのスパロボには手を出していないのです。なぜかと聞かれれば時間がかかるから。そしてはまったらヤバイことになるのが目に見えてるから。

 よくは知らんのですが、あのゲームって面が80オーバーとか聞いたんですけど。やる分には一向に構わないんですが、なにせそれだけの面数があると最高の状態でクリアできるまで一つのステージをひたすらやり続けかねない。そんなことし始めたら私生活まで影響でまくりですよ。

 あんまりロボットとかには興味が薄いんですが、これをやったらロボットにはまりそうってのもあるかも。

 一寸でも浸かると、あとはなし崩し的にどっぷり浸かるダメ人間なんですよ。でなけりゃこんな生活して無いでしょうし。はぁ~、もうちっと自制しないとなぁ。

 就活? ……なにそれ?

22

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

小粒ぞろい

 配本たんね~~~!! 

 え~、久し振りにバイトの話でもしようかと思います。

 現在書店バイトをしてる叢葦ですが、今回はコミックについて少しだけ話をしようかと。

 正直今月は新刊が酷いです。配本数が少ない=人気が微妙なものが多くを占めてます。中には売れる本もありますが、他に売れる本が無いのでそいつらから優先的に無くなっていき、気がつけば新刊の棚は空。

 ここまで酷い月ってのも珍しいです。

 今月はもう期待できる冊数のものがありません。

 でですね、新刊少ない=売り上げ落ちるとなってはまずいんですよ。ということは既刊を売っていくしかない。バイト先的に本日以降、期待できるビッグタイトルの新刊(少年、青年)は――

 ないorz

 小粒で良いなら揃ってるんですよ。もやしもんとか(配本7だったけど。マジ勘弁してくださいよ日○さん)。前回いくら売ったと思ってんですか)、仮面ライダースピリッツとか、Fateのコミック版とか、エマとか、エウレカとかキーチとかドロヘドロとか……あぁ、もう挙げるのめんどくなってきた。

 あぁ、そう。もやしもんで散々文句いいましたけど、怪物王女の配本が劇的に増えていたことには安堵しました。さすがにあんだけ売って配本一桁だったらブチ切れですよ。ちなみに前回一巻のときは配本0。ぶち切れて速攻注文――そして即品切れ。早めに発注(それも大量に)しておいてよかった。というかあれだけ発注してちゃんと売れてよかった。

 そうだ、ちょっとシリウスコミックス(講談社)についてでも。現在バイト先で売れてるシリウスコミックスは『怪物王女』『幽霊旅行代理店ソウルメイトツーリスト』『乱飛乱外』が主で、『四季使い』と『ドラゴンアイ』がまぁちらほらとって感じ。ちなみに主と書いたものの中で前者は配本0、後者は配本2でした。喧嘩売ってんのか日○……とか思ってないですよ? ホントだってば。

 
 本屋で思い出しましたが『暴れん坊本屋さん』というコミックをご存知でしょうか? たぶん書店で働いたことがある人なら「あるある」の連続でものすごく楽しめると思います。働いたことない人も本屋がどれだけ「楽そう」と思われていながらも忙しいのかを感じ取っていただけるかと。つかね、あの本に書いてあること全部当てはまるのが怖い。本屋って職業はどこにいっても同じ苦労があるんだな、とか思うわけで。

21

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

やっぱ大型免許取るか……

 ちょこっと八王子までバイクを飛ばしてきました。

 というか学校の近くなんですけど。

 あの辺りは車の交通量も少なく、道もストレートが果てしなく続くので気晴らしに運転するのにはちょうどいい。

 といっても学校に行くまでに込んでいる道をいくつか越えないといけないわけですが。

 ず~っと続く真直ぐの道を何も考えずに本能のまま走る。

 だからなんだといわれてしまえばそれで終わるんですけど、

 最近ちょっと色々ありまして、行き詰っていたのでちょうどいい気分転換になりました。

 でもツーリングもどきをしていて思うのがバイクのトルク不足。

 やっぱ250辛いですね。VTRはVツインエンジンなので、四発のやつよりも高速域は辛い。

 来年就職したら400、もしくはそれ以上に乗り換えようかと現在真剣に考慮中。

 400ならCB400SBがかなり気に入ってるんですが、この間のモーターショーで発表されたGSR400も気になるところ。あのGSR600のコンパクト版なので、ちょっと興味を惹かれました。つか400のネイキッドって種類少なすぎる……。

 それとは別に現在乗ってみたいのはGSX1100刀なんですけど。あのデザインがマジ惚れる。実はバイクを購入する際にGSX250カタナも考えたんですけど、残念ながら近くにいい車体が見つからなかったので見送ることに。あぁ~、マジ再販されないかなぁ、カタナ。されたら間違いなく新車で購入しますね。

 とはいっても叢葦はHondaユーザー。基本的にはHondaのバイクが好きです。最終目標はCB1300SB……なんですけどシートが高くてなぁ。背がちっこくて足が短いのでここら辺も考慮しないといけないんですよね。オフロード車なんてまず無理。あぁ、お金よりも背(足の長さ)が欲しい。その点相方は足が長いし背も高いので羨ましいことこの上ないです。

20

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

台風?

 一時的ですが台風のような雨が降りました。

 ちょうとその時家にいたのですが、なんつーかね、ここ最近で一番すごい光景だった。

 久し振りに木の枝がうちのベランダ(4階)まで舞ってるの見た。

 自然の力は偉大だなぁ、なんて思ったり。

 にしても今年はホント暑くならない。いや、寒暖の差が激しい。暑い日は意味がわからんくらい熱くなるし、寒い日はまだ4月上旬じゃないのってくらい寒い。

 こういう気温が続くと……風邪が治らないわけでして。あぁ、困った。

 咳がひどいので親に医者に行くように言われてますが……オレ医者嫌いなんだよね。

 近所のヤブ医者にかかるのは嫌だし、かといって大きな病院に行って何時間も待たされるのも嫌いだし。わがままといったらそれまでなんですけど。

 そうそう、この世の中に風邪という病気は存在しないらしいです。よって風邪薬も無いらしいです。詳しいことは知らんのですが、渡される風邪薬ってやつも咳止めだったり、解熱剤だったりと、風邪を根本的に治すものではない。『治るまでは症状抑えておけよ』ってこと。これで結構な金取られるんだからたまったもんじゃない。

 まぁうちの親が薬品関係の仕事をしているので、その辺のこと聞いたわけですが……余計行く気失せた。オレの自然治癒力に頑張ってもらうことにしよう。

19

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今年はまた最下位決定だな……

 もうね、最近朝になって野球の結果を見るのが怖いんよ。

 だってベイスターズの勝ちを久しく見てないんだもん。

 あぁ、去年はAクラスだったのになぁ。

 どこでどう間違ったのか、今年は最下位ぶっちぎり。

 いや、去年がたまたまAクラスだったのかもしれない。

 今年は防御率が酷すぎる。

 守備に関しては去年とさほど変わってないはずだから……投手か。

 やっぱ二段階投法禁止っていうのは響いているんだなぁ。三浦なんて完全にそうだし。

 …………もう今年のペナントの鬱憤はパワプロ13で晴らします。

 あぁ、どうせ根暗だよ。

 ……………………精神的にだいぶ参ってます。

 察せ。

18

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

サプライズ!!

 最近ブックオフで100円のマンガを大量購入しては読んでるんですが、今さっきすごいの見つけました。

 とあるギャグマンガなんですが、最後のページを見てみると

 直筆サインしてあった

 しかも本人のものと思える印鑑と絵が。

 本物かどうかはわかりませんが、みた感じ本物みたい。

 ひゃっほ~~~~~い!! 

 実はオレ、直筆のサインって持ってなかったんですよ。

 まぁサインと言うものに価値を見出せない人間でして……それを貰う為だけに行動する気力が無いと申しましょうか。

 でも貰えるものは貰っておく。それがオレの生き方。いや、そんなたいそうなもんじゃないけど。


 にしてもこれ100円ってどうなのよ? 

 運がいいというかなんというか……最近いいこと無かった代わりっすかね? 

 というわけで運も使い果たしたのでこれからろくな事がなさそうです。

 別に悲しくなんかはないです、ええ、ないですとも。

18

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

模様替え

 せっかくの休みなんでちょっとだけブログに手を加えました。

 そして久し振りにCCSとっかえました。前のやつかなり好きなんだけど……

 飽きた

 とりあえず3カラムで良さ気なのを取ってきたんですが……周りが白って目が痛い。でも2カラムにするのが一寸嫌だったもんで。

 不評なら元に戻すなり、他のやつに変えたりするんでよろしければ意見をどうぞ。

 さ~て、そろそろ寝ます。お休み~♪

17

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

魔法使いの日

 お久し振りです。五月病と託けてサボりまくりの今日この頃。

 本日はハリーポッターと謎のプリンスの発売日です。ついさっきまで店頭に並べてきました。

 もうね、入荷の量がすごいのよ。しかも二冊組みだからえらいことになってるし。

 書店員のみなさまが死ねる日がやってきました。でも今回はどうなんですかね? 前回余りまくったみたいな話がそこらじゅうに転がってましたが、今回もかなりの量が入ってきたので、やっぱり売れると踏んでいるのでしょうか? いや、オレも売れるとは思ってますけど。

 読書が趣味なんですが(そうじゃなけりゃ書店員なんてやらないと思うけど)、実はこのハリーポッター読んだことがないです。世間で余りに騒がれているので天邪鬼っぷりを最大限に発揮し、読むことをやめた……わけではなく(ゼロとは言い切れませんが)あんまり洋書って読まないのです。どうにも翻訳が素晴らしい洋書に出会えなくて。何か読みやすく面白い洋書の本があったら教えてください。

 さ~て、これから寝て今日は学校。そして帰ってきたらハリーでも売りまくりますか。明日は一体何時に帰れるんだろうね?

 ……もう疲れたよパトラッシュ。

 
 ちょっとした話ですが、ハリーポッターは本日午前5時を回らないと販売できません。お願いだからさっさと売れよとか暴言吐かないでくれると嬉しかったりします。
 あとハリーポッターと謎のプリンスの原題は『ハリーポッター&ハーフブラッドプリンス』です。なぜ謎のプリンスになったかと言えば……大人の事情です。ある程度の人なら察しがつくと思います。しかもそれでたぶん合ってます。これ以上はちょっとまずいかもしれないので……それではこの辺でアデュー。

16

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

血液がどうとからしい

 久し振りに就職活動してきました。というか面接。

 面接ってのは何回やっても慣れないもので。

 こういうこと書くと『あの神経の図太いどころか柱のような叢葦がどうやったら怖気づくんだよ!! 』とか反感を貰いそうですが、いやはや、こればっかりはマジで無理。

 普段はあんまり物怖じしない――悪く言えば無礼な――人間なのですが、この面接と言う自分自身を値踏みされるような行為は何度やっても気持ちのいいものじゃない。なんつーかですね、会話自体が嘘で塗り固められているようでならないんですよ。

 ハッキリ言いますが、面接で言ってることの9割は嘘です。

 ちなみに成分分析だと
面接で言ってることの78%は赤い何かで出来ています。
面接で言ってることの20%は勇気で出来ています。
面接で言ってることの2%は着色料で出来ています。

 確かに勇気は二割ほど必要かと。2%の着色料が嘘……って少なくねぇか? 

 78%の赤い何かは……もちろん赤い糸ですよ。

 おあとがよろしいようで。

15

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

消え去りし想い出

 駅に向かう途中ふと横を見てみると、店が潰れていました。

 その店はオレの通った小学校の目の前にあり、小学生時代はことあるごとにその店へ行き、友人達と集まり、遊んでいました。

 時代と共に変わりゆく景色。その中に想い出ってやつも景色と共に消えうせてしまう気がします。

 小学生の頃って今よりも多趣味でした。現在も無駄に趣味が多いですが、あの頃はもっと多かった。剣道に始まりスポーツ色々やってたし、音楽に関しても今より情報は幅広かったんじゃないでしょうか。興味あることは率先してやるみたいなガキでしたから。


 その中で現在も続いているものと言えば料理くらいでしょうか。

 料理自体最近することは減りましたが、やっぱり何かを作るってのが好きらしい。ここ最近作ったものは牛丼もどき。つか豚丼。冷蔵庫に残っていた豚バラを炒めたたまねぎと共に出汁で煮込んだ手軽な一品。バイトに行く前って時間ないからこういったものばかりになってしまう。もっと凝ったものを作ろうにも、あんまり家に材料が無かったり。

 俺ってどちらかと言えばこれ!! といった料理をつくりよりも、家にあるもので適当に作るほうが性にあってみるみたいです。買い物行かなくていいし。

 ……オレって本当に料理好きなんだろうか? どちからといえば特技の気がしないでもありません。

14

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シンプルなこと

 最近昔のマンガを読んだりしている。

 昔と言ってもオレが生まれたくらいのときのマンガがほとんど。現在めぞん一刻とシティーハンター集めながら、オレンジロードを読み続けてる


 そこで思うのは、やっぱ昔の名作っていわれる作品って今読んでも面白いということ。

 時代の古さとか、絵の技術とかってのは今の人のほうが上手いのかもしれないけど、読ませる話っていう点では昔の方があるのかもしれないと読んでいて頭を過ぎった。それはあくまで現在で言われる王道であり、王道が故に不純物が無く、ただ単純に楽しめるのかもしれない。逆に最近のものが楽しめない原因の一つに王道からの変化(もしくは不純物の添加)、そして新たなる王道的な『ネタ』が出尽くしてるっているので、新しいものを作り出すことが困難だと思えた。

 最近ゲームやってたり、本読んでたりしても目新しいものってそんなになかったりする。楽しいもののやはり『どこかで一度見たことのなるようなもの』なのだ。レビューを見たりすると『~と同じ』や『パクリかよ』とかのコメントをよく見る。でもこれってパクリとかじゃなくて、ただ単純に他の表現方法ってのがそうそう無いからだと思う。

 ここで一つ言いたいのはオレはパクリを全部肯定する気になれないが、決して非難する気も無いということだ。師匠から技術を盗めと昔の職人は言ったらしい。オレは職人じゃないので本当のところはよくわからないが、確かに目標とする人の模倣をするのはためになることだと思う。基本を知らないより、まずは模倣でもいいから基礎を知ることが重要だと考えているからだ。

 実際オレも文章書きながら「どっかで見たことあるような作品」を書いてたりする。近すぎる距離だって学園ラブコメ(現在コメディ主流)というジャンルに括られてしまうように、やはりどこか既存のものだ。ちなみに近すぎる距離は当時(約4年前)やっていたゲームの影響を多大に受けてる。当時ストーリーどころか文章のイロハも知らなかった(現在も知っているとは言いがたいが)オレがその基本をどこから学んだかといえばやっぱり近くにあったゲームや小説といった媒体だ。0からはオリジナリティもクソもない。あくまで作法的なものを知ってからでもオリジナリティを出すのは遅くないと思う。

 恋愛、伝奇、格闘、ホラー……それこそあげていけばキリがないほどジャンルってのは存在する。そのジャンルってやつにどこかしら縛れてるのって仕方ないことなんじゃないだろうか? 

 でもオリジナリティ=面白さでも無いのが面白いところ。

 たまに革新的なと銘を打たれる、もしくは王道より面白い、と言われるものが出てくる。たとえば奈須きのこ氏などに代表される伝奇(講談社では新伝奇と言っていたが)などがいい例じゃないだろうか。既存のものをさらに進化させて(この表現が適当な感じは自分でもしないのだけれど)、新しいものとして認識する。それらは新たな王道であり、やはりそれらを作り上げられるのは一部の才能ある人。だからといってそういった才能がない人の作品がつまらないかといえばそんなことは全く無い。元ある素材を上手く生かし、適度に面白いものを作れる人だった多くいる。これらはオリジナリティという部分に多少欠けるかもしれないが、扱い方の上手さではオリジナリティ溢れる人には勝っている部分だと思う。

 時代を作るべき人がいて、その時代を守る人がいる。読んでて似ている部分があっただけで『パクリ』などというのはちょっと違うんじゃないかと思ったりするわけで。

 新しければ面白いのか。使い古されていれば面白くないのか。

 オレが思うに、そんなのは関係なくて、ただ面白いか面白くないか。それはただ作者の技術だけが変えられるんだろうなと思う。だから似てるからといってそれだけを必要に非難するのは……どこかしら違う気がしてならない。

 これはあくまでオレの意見。見た人がどう思おうが、『考えの一つ』程度に収めておいて欲しい。もちろんオレの意見に真っ向反対な人だっているだろう。だからといっていきなり非難するのではなく、その人の考えてる意図ってものを感じ取って、自分なりの答えを出していって欲しい。考えというのはいくつものものがあってこそ、より良くなっていくのだから。

13

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

無題

 出かけようと思ってたのに、せっかくの雨

 家にいてもすることはなく、ただ本を読み続ける

 面白いのかすらわからない洋書

 部屋を覆いつくすハードロック

 窓についた水滴は流れるように消え

 同じようにカップからの湯気も次第に消えた

 なにも考えず

 ただ違う世界に没頭する

 なにもすることのない

 日常

12

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

マジくだらねぇ

 正直最近のガソリンは高すぎる。

 こんにゃーた、最近バイク乗っててガソリンの値上がりっぷりに驚かされている小椋叢葦です。

 つかさ、石油の投資すげー迷惑。そのせいで得してる人ってごく一部なわけで、ほとんど多くの人は損をしまくってる。これが資本主義経済なのはわかるが、迷惑千万。もうね、資本主義をぶっ潰してやりたくすらなる。

 実際に行動できないにしても、この資本主義のせいで迷惑を被ってるのって約7~8割。2割のために損してるわけですよ。あぁ、マジくだらねぇ。

 今日は短いですがこの辺で。あんまり寝れてないので眠いです。しかも今見返したら口が悪いです。

 ……睡眠って大事だよな、とか思った今日この頃。

11

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

勘違いで済むと思うな!!

 久し振りに学校行ってきました。まぁ所用がいくつか溜まっていたので、それを消化してきただけなのですが。

 授業がないって素晴らしい!! 

 親に聞かれたら殴られそうな発言でスタートの徒然叢。こんにゃーた、後に白バイがぴったりと張り付いていてビビッてた小椋叢葦です。

 その白バイに出会う前に飛ばしまくってたので、まさか追ってきたのか? と疑心暗鬼になってまして。いやぁ、バイカーの敵だよね、白バイ。

 
 所用の一つに学校で部費を払いに行くってのがありまして、部室棟へ友人と共に向かったわけですよ。

 その途中トイレに行きたいといった友人(男)をトイレまで誘導し、先を急ごうとしたそのとき、悲劇は起こりました。

 女子トイレに向かいやがった

 必死に止めるオレ。ようやく気づく友人。しかもそんなときに限ってトイレの前の自販機には女性が6人ほどたむろってました。一体彼女たちにはオレ達がどう映ったのだろうか……。

 彼曰く『女子トイレの反対側に男子トイレがあると思った』とか言ってますが、ほんとだかどうだか。

 その後別の友人にその話をしたところ『あぁ、とうとうか……』と何か遠い目をしながら呟いてくれました。

 久し振りの学校でしたが、友人達となかなか楽しいひと時を過ごせましたよ。いや、たまには学校行くのもいいね(注:叢葦の本業は大学生です

10

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

進化した対価が退化

 相方のブログにも載ってましたがPS3の発売日やらが発表になりました。

 11月11日ですか。クリスマスプレゼントやボーナスでの購入が目立ちそうですね。まぁその辺りを狙ったんでしょうが。

 正直あそこまでゲームに金かける気がしません。つかなんなのあの値段。安いパソコンくらいだったら買えそうじゃないですか。ブルーレイ搭載だからですか? しかも20ギガなのに……もっと容量増やしてもあの値段ならいいような気がします。

 とまぁ批判しまくってますが、たぶん買いません。とりあえず3万円台にならない限りは購入を考慮すらしないでしょう。今の生活考えて、それほど必要性も感じないですし。

 逆に携帯ゲーム機が欲しい。DSでマザーやったり、PSPでレナスやったりしたいです。しかしこっちは金銭問題……いつ解決するのかは未定ですが。

 つか最近PS関係で興味引く作品ってあんまりでないんだよなぁ。現在やりたいのはシルメリアとテイルズ、アルトネリコくらいでしょうか……最近コンシューマから遠ざかってるのでなんともいえませんが。あぁ、そういえばパワプロも欲しい。それとウイイレ。……あれ? 何だかんだいって結構ある? 

 PS3の発表と同時に発表されたのがドラクエとFFの新作。

 まずドラクエ。神剣DQみたいな体感ゲームらしい。……まず買わない。そんなにマイルームは広くないのです。というかなぜゲームで疲れなければならない。そんなんだったらスポーツで健全な汗を流します。しかも発売がWii。まずWiiを買うかどうかが最大の問題ですね。どんなソフトが出るのかで決めようと思います。まぁどちらにしろ発売直後に買うことはないですが。

 そしてFF。PS3と携帯ゲーム機、モバイルの三本立てとか。

 バカかと

 いくつかの世界観で似たようなテーマをやるらしいのですが、はっきり言ってめんどくさいことこの上ない。ゲームなら一作で完結させろと。もう金を搾り取ることしか考えていないのかと。この時点でFF13は見限りました。ご苦労様でした。やるとしたら安くなってから中古で購入するとかでしょうか。まず定価で買うことはない。

 つーか最近のFF(というかFF10)であんなあこぎなやり方をされたので、いきなり買うのは正直やめました。そういえばスターオーシャンとかもそうでしたね。最近追加要素入れて再販するのが多すぎ。なんかホントゲームって売れないんだなぁとか邪推してしまいます。

 何だかんだいってオレはゲーマーです。ゲーム大好きです。でもね、最近のゲームはどうよ? とか思うわけで。ハードの進化はいいことかもしれません。でもさ、ハードが進化するたびにソフトがつまらないものが増えてると思うわけさ。

 ファミコンの頃は単純ながらも誰もがはまれた。スーファミでは多くの良作RPGが出てきた。PSではその性能を生かして格ゲーが面白かったし、RPGも面白いのが結構あった。でもさPS2ってあんまり印象に残るゲームってない。昔よりゲームしなくなったのがあるのかもしれないけど、インパクトという点では昔より劣っていると思う。

 だからPS3は期待より不安が大きい。あれだけの性能を生かして作るって事は、コストも時間もかかるわけで……また技術だけに頼ったゲームが増えそうだなぁ。最近のゲームってホントシナリオクソなのが多いし。やりこみとかは結構なので、もうちょっとシナリオに請ったRPGが出てくれることを願います。


 あ、FF7のリメイクだけはやりたいなぁ。これだけのために買うとは思えませんけど。

09

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

舞踏会

 最近ゲームばかりしていて執筆してないダメ物書き、小椋叢葦です。

 体調不良を理由に病床に伏せてると、暇でしかたない。するとゲームに手が伸びるわけだ。

 悪循環ここに極めり。

 今回のレビューはこの世で最も華やかな戦い『PRINCESS WATLZ』

 前回が前回だけにだいぶ楽しめた作品でした。

 ってなわけでレビュー開始。

 あ、今回はネタバレ禁止の方向でヨロシク!!
 本来なら個別パートを中心にレビューするところですが、実はこのゲームほぼ一本道

 それどころか個別シナリオなんてほとんど存在しない。たぶん合計で30分程度しか変わらないんじゃないだろうか。それだけに人によっては……というかクリスを好きになれない人には辛いゲームかもしれない。地雷、と騒いでいる人のほとんどがこれにあるのだと思うし。

 オレ自身はかなり楽しめましたよ。ぷりっちのようなカードバトルでしたが、こっちはレベルアップができる(←ここ重要)。

 レベルあげ大好きっ子ですので、こういうレベルアップして強くなるゲームは大好きですね。もっとスゲーダメージ与えてガンガン経験値貯めてやるぜ~って気にさせてくれる。この時点でかなりの激燃え。ついつい納得のいく経験値を稼げるまで再戦闘しまくりました。

 シナリオ的にも王道って感じ。Fateとぷりっち混ぜた感じ。楽しい日常シーンと、非日常の熱いシーンが交互にテンポよくガンガンと攻めてきます。この両方、もしくは片方が好きな人はやってもいいんじゃないかと。人によっては『パクリかよ!! 』といって楽しめない人もいそうですが。そうでなければやる価値はあり。昔の努力・友情・勝利が気持ちいいくらい味わえます。昔のジャンプが好きな人にもお勧め。

 にしてもこのゲーム前編と後編に分かれてるんですけど、明らかに前編のほうが熱い。姫同士の戦い――本来のPRINCESS WALTZがメインなのでわかりやすく、戦闘もわくわくさせてくれるほど面白いので、ついついやめるタイミングを失ってしまいます。ここまでどっぷり戦闘シーンにはまったのはFate以来。個人的にはだいぶ楽しめました。
 逆に後半は……その展開が早すぎて楽しむ間もありませんでしたね。戦闘がルーティンなので、盛り上がりに欠けるんですよ。だからのっぺりとしたシナリオになってしまった。これは非常に惜しい。ここがもっと盛り上がればそれこそ良作クラスにのし上がれたのに。いや、十分楽しんですけど、やっぱり後半は全体的に不満かなぁ。

 というわけで久し振りにネタバレ禁止のレビューでした。
 いやぁ、ネタバレ禁止って難しいわ。

 さてさて、PRINCESS WALTZの点数は……

 83点

 やっぱ後半の失速かなぁ。前半だけだったら90点クラスです。
 ちなみにこの作品に関してはファンディスク希望。詳しくは言いませんよ、ええ。

08

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

普段の会話が見え隠れ

 携帯予測変換バトンなるものを頂きました。どうやらテーマから出てきた文字を使って文章を書くらしい。

 というかバトン回ってきすぎです。皆さん色々考えてるんですね。

 それでは早速やって見たいと思います。テーマは

 ごろうこう

 水戸黄門ですか。まぁこれを回してきた彼は時代劇ファンですからね。

 
 ご:五時半から 五時半 頃から ごと こと

 ろ:六時 ロケーション 路駐 ロマンチック ローテーション

 う:うるさい うろ覚え うちに 受けると うん

 こ:小岩 小竹 来れる この 好感

 う:三つ目と同じ


 んじゃ作文でもしてみますか。文章書きのセンスのなさを見せてやるぜ!!(オイ

 『五時半からロマンチックうろ覚えこのうるさい』

 意訳:五時半からロマンチックがうろ覚えなんだけど……このうるさい!!
 
 どうやら誰かにロマンチックを忘却していることを伝えているのですが、周りがうるさすぎて会話にならないようです。そしてマジギレ。
 というかロマンチックを忘却する以前にあったのかと突っ込みたい。
 ……というか記憶喪失ですかね。
 まぁオレも消したい過去がたくさんあるので記憶喪失になってみるのも一興ですが。

 さて、相変らず友達いないのでアズマよろしく。それと見た人もお願いします。コメントくれれば見に行きますので。

 んじゃテーマの発表。

 『だめにんげん』

 ……別にオレのことじゃないよ? 

07

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

手のひらで

 コンビニに立ち寄ってふと何気なく買ってしまうものがある。

 ファミリーマートで売っているボクのおやつというものだ。

 だいたい100円~の商品で、値段の割りに用量はそこそこ。小腹が空いたときに良くお世話になっている。

 オレは普段あまりお菓子というものを食べない。太るからとか、健康に良くないからという理由でなく、ただなんとなく。食事をけっこうしっかりととるからかもしれない。

 けれど最近こいつのおかげでお菓子を食べる機会が増えた。

 バイクを買って、金銭的に少し余裕が出来たこともあるのだろう。お菓子だけじゃなく、以前よりなにかと無駄遣いというか衝動買いは増えていいる。つい先日もマンガを10冊ほど買って来た。全てギャグマンがだが。

 話を戻そう。このボクのおやつでもミニクッキーってのをよく食べる。腹が膨れるから。

 一人暮らしってわけでも無く、特にひもじい思いをしているわけでもない。

 ただ、いつも飲むコーヒーの相手がいつのまにやらこいつになっているのが最大の原因だろう。

 オレは毎日のように――まるでコーヒー中毒のようにコーヒーを飲む。それも一日5杯以上。ふと思ったが胃に悪そうだ。

 そのせいかたまに口が寂しくなり、その相手がこの100円のお菓子だった。別においしいものでもないが、ついつい買ってしまう。オレも案外意志薄弱なやつらしい。

 コンビニというのは不思議なもので、あんまり欲しくないものまでたまに買ってしまう。同じようなことが100円均一にも言えるのだけれど、上手いもんだなぁと感心してしまう。

 まぁ結局何が言いたいのかといわれれば

 上手いこと踊らされてるな

 ってこと。わかっていながら踊らされるのも……まぁ悪くない。
 

06

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

都会と田舎

 青空の見える丘終わりました。

 そして大どんでん返しはありませんでした。

 はい、正直酷評になります。

 今回もネタバレですが、きっついこといってます。

 それでもよければレビューどうぞ。かなり適当なのは理解してください。

 最初に前回やったのがもしらばだったのがいけなかったのかもしれません。
 こんにゃくの後、もしらばは十分耐えうる作品だったのですが、これはもしらばの感動のあとに耐えうる作品ではありませんでした。正直一人ひとりのレビューするほどでもない。

 まぁ一応この作品についてでも。

 先日述べたとおりテキストが絶望的。粗悪なライトノベルを読んでいる気分、とでも言えばいいのだろうか。
 テキストのネタのほとんどが2chやマンガ、ゲームなどからの引用。これもそこそこだったらいいものの、あまりにも多用しすぎたせいで笑うに笑えないレベルに。シナリオ自体で笑わせるところはほぼ皆無。もう少しこの辺頑張った方がいいのかもしれない。


 それとシナリオの薄さ。展開が急すぎる
 たとえばののかシナリオで呪いを解いた理由が話を聞いただけであったり、最後にののかを探し、引き止めただけで全てが済んでしまっていた。正直意味がわからない。オレ自身がシナリオを読んでいなかったせいだろうか? 
 読んでいた感じでは

 ののか跡継ぎの為海外へ⇒いなくなったことに気がついた秀樹が探す⇒探し当てる⇒エンド

 それで全てが解決するんだったらののか行く必要なかったんじゃね? 
 まぁこんなの序の口。つつけばつつくほど隙のあるシナリオ。全体的に説明不足だったり、間の取り方が下手だったり、心理描写が不足しすぎていたり……ライターだけが内容を理解し、わかっていただけとしか思えません。
 全体的に急ぎすぎるが故に読者は置いてけぼりになり、何かを解決する手立ても簡単すぎるので感動が生まれない。もうちょっと苦悩や解決を困難にするなどがあってもよかったんじゃないか。事件発生から解決までのスパンの短さがシナリオの薄さをより一層感じさせたのかもしれない。


 伊織のツンデレに関しては作中でもソフトツンデレと言っていたので、それは許容できた。でも謳い文句にあった『黄金比』じゃないことは確か。ツンデレと宣伝する必要があったのかすらわからない。しかしキャラ的には十分魅力的。素直になれない女の子という感じだったし。
 そう、キャラはCGも含めて全体的にいい。オレはあんまりロリ絵は好きじゃないが、この絵は結構好き。いかにも学園もののCGらしくて好感が持てた。
 それにキャラ一人ひとりも立っていたように思える。特にののか先輩はお嬢なのに黒いとかなりのツボを突かれた。まさかあの黒さに惚れるとは……。
 主人公の秀樹もなかなか好感の持てる主人公だった。ヘタレじゃないし、決めるところは決める。いかにもな主人公だけど、余計なことするよりはずっといい。あのノリのよさは作品を面白くする役目を担っていたんじゃないか。
 ただこれもライターが違えばさらにいい主人公になった気がしなくも無い。まぁその逆も考えられるわけだが。

 音楽に関しては及第点。ボイスはそれ以上といったところだろう。聞いてて何の違和感も無いあのキャスティングには恐れ入った。しかし演出面で音楽の使い方がもっと上手ければさらに感動的になったのになぁと惜しい感じがしないでもない。


 全体的にコンパクトにまとまりすぎて、あまり面白さが感じられなかった。ただオレの肌に合わなかっただけなのかもしれないし。けれどこれはオレのレビューなので、かなりの酷評とさせていただいた。


 点数は

 65点

 酷評してる割に高いと思われるかもしれないが、個人的には及第点ギリギリと言った感じ。
 この点数のほとんどはキャラクターとボイス、そしてCG。逆にマイナス35点分の9割以上がシナリオ(テキスト)と思ってくれて構わない。あとは音楽とかかな。
 でも作品全体の雰囲気はかなり好き。ホントもったいない作品だなぁ。

 本来なら面白かったシナリオの順番とか付けたいけど、どれも大して面白くなかったので割愛。代わりにキャラの順でも載せておこうかな。

 伊織=ののか≧翠>春菜=柊花>小夏

06

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

友達少ないなぁ……

 またもやmixiでバトン回ってきたので、こっちでもやってもらいます。

 よろしくアズマ。


1.回す人5人を最初に書いておく。
 見た人ヨロシク。アズマは必須。

2.お名前は?
 小椋叢葦。ひらがなで書くとおぐらそうい。通称おぐおぐ。嘘ゴメン。
 ちなみに曾爺ちゃんの名前です。

3.おいくつですか?
 
http://www.ryu2world.com/seiframe.html
 ここで調べると精神年齢は27らしい。
 ちなみに
 幼稚度36%
 大人度68%
 老人度8%

4.ご職業は?
 フリーターのような大学生。働いている時間がフリーター並み……学生としてどうなのよ? 

5.ご趣味は?
 バイク。乗ってるだけで一日が充実します。

6.好きな異性のタイプは?
 年上(熟女に非ず)
 料理上手
 
7.特技は?
 料理。一人で大抵のものは作れます。
 詭弁。めんどくさくなるとそれで逃げます。

8.何か資格持ってますか?
 車とバイク、あと剣道1級。初段取る前に辞めました。

9.悩みが何かありますか?
 本命の内定がもらえない。

10.お好きな食べものとお嫌いな食べものは?
 好きなものは唐揚げ。醤油ベースが好き。
 嫌いなものは納豆。あの匂いがすでにダメ。

11.貴方の愛する人へ一言。
 愛なんていらねぇよ、夏。

12.回す人5人を指名すると同時にその人を紹介してください。
 水無瀬アズマ:いろんな意味で苦労人
 あとは見た人ってことで。

05

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

限界ギリギリ

 休み(病気の為)なので久し振りにゲーム三昧なわけですが、現在青空の見える丘プレイ中。クリアは伊織だけ。現在先輩途中。でもさぁ……

 もうやめたい。

 やめればいいだろとか言われそうですが、世の中最後にどんでん返しが待ってるようなシナリオもあるので油断はできない。

 かの有名なEver17がそう。最初の頃は『普通だな~。どこに絶賛されるほどのものがあるのかな』なんて考えていた頃がオレにもありました。それが最終シナリオやった時点で『神決定』とか様変わりするわけですよ。

 他にも最後にどんでん返しのゲームなんてのがいくつもありますので一応最後まではやりきることにしてます。

 たまに限界を超えて出来ないものもあるんだが。


 もしらばの後だろうか。あの生ぬるい粗悪な同人ゲームみたいな文章を読むに耐えない。

 一応文章書きってことで、ゲームやる際に注目するところはシナリオ。そのシナリオ……いや、テキストが絶望的。

 一応弁護もしておくと作品自体の雰囲気は悪くない。キャラだって王道的でありながらちゃんと立ってる……と思う。音楽は……まぁまぁ。声優のキャスティングだって文句はない(オレ自身あまり詳しくはないのだけれど)。CGは好みの問題だからあまり触れないとして……。

 やっぱシナリオ。みててかったるい。某所でライトノベルのようだとか言われてたけど、概ね賛成。いや、ライトノベルでももうちっと内容の濃いシナリオが普通。

 そう、このゲーム内容が薄い。書いてて思った。

 これもまた話数仕立てなんだけど、一話辺りが30分。そして内容もまた薄い……というかゲームにむいている内容じゃない話がほとんど。ライトノベルだったらよかったのかもしれないけど、ゲームとしては……。

 物語自体もすごく平坦で、盛り上がりに欠ける。それどころか日常という日常がただ繰り返されるだけ。日常パートが最後まで進む感じ。

 テキストも無駄を省くというよりは、ただ短くしただけという印象を受けた。う~ん、どこか退屈なんだよなぁ。やっぱ起伏か? 

 最後に化けるのかもしれませんので一応やりきりますが、かなりきっつい。

 化けない場合結構低い点数になることが予想される次第ですな。

 乞うご期待。

 ……つか耐えられるのかオレ。

04

Category: レビュー

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いつまでも、いつまでも

 一日あけてもしらばレビュー再開!! 

 第二回にして最終回の今回はキャラクター別レビュー。

 先日と同じくこれからやろうとする人、もしくはレビューになんかしらの嫌悪を感じる人は速やかに退席してください。

 つか今回もネタバレ調味料を体に悪いほどふんだんに使う予定ですので。
 んじゃ攻略順に語っていきます。

【野乃崎つばさ】
 先日も申したとおりの嫉妬女王つばさ
 いや、僕は好きですよ? 
 なぜ疑問系なのかは問うな……。

 報われないのが個性とまで言い切るその不遇っぷりは見てて涙を誘います。
 実際言いえて妙なんですけど。
 だって義理の兄(想い人)と実の姉のラブっぷりを一番近くで長いこと眺めていんだし、それ以外にもChapter3で一樹とのデートを明穂に邪魔されるし、気合入れて作った料理も失敗ばかりだし。
 なんかね、もう不憫でならないのよ。
 もし明穂が生きていても彼女は本当に辛い人生を生きたのだろうと簡単に想像できてしまう。
 姉が一番好きで一番嫌い。
 こんな感情持ってたらそりゃ素直――というか本心を隠してしまう性格になるってもんです。

 さて、本題。
 明穂は成仏する為に一樹に向かって『つばさと付き合って欲しい』と願います。
 言われるまでも無い一樹。だけど姉がいる限りつばさには一樹と付き合えない理由があった。
 ある日を境に『一番大事なものは姉に譲る』と心に決めていたつばさ。
 実際一樹を姉に譲る――というか二人をつき合わせることで自分の思いを消したわけです。
 しかし明穂が付き合った直後に肺炎で死んでしまったので、一樹を自分だけのものに出来ると思ったのに……しかし姉が幽霊として迷惑にも戻ってきたおかげでその野望は潰えたのだった!! 
 いや、こんな悪者みたいな子じゃないですから。
 つばさファンの人ごめんなさい。
 明穂ファンなので気にも留めませんが。
 まぁ学園祭で一緒に舞台やって、そこから話が展開~ってかんじなんですけど、やっぱ話の幹は

嫉妬

 文字を大きくしすぎた気がしなくも無いですが、つばさの嫉妬だとあと6ポイントくらい大きくしてもなんら問題はなさそうです。
 だって彼女は嫉妬マスク4号になれる逸材だから。
 わからない人は突撃パッパラ隊というガンガンコミックスを読みなさい。
 そういやパッパラ隊がコミックREXで連載とか。これだけのためにREX買おうかと思います。
 閑話休題。
 嫉妬の原因は委員長とのH一歩手前を見られたから。
 この瞬間
 委員長ルートキタァァァァァァァァァ!!
 とか思ったわけですが、実はつばさに嫉妬させるための布石。
 ちっ、このまま委員長ルートに突入すればよかったのに。
 で、色々あってつばさと喧嘩した明穂は姿を消した。そして千早までも……。
 寂しさのあまり一樹と一緒にいたい欲求が高まり、結局は一樹と仲直りする。
 それどころかあれだけ拒んでいたのに付き合ってしまうわけです。
 正直ここで終わりと思ってました。
 けれど姉になりたかったつばさは明穂の真似をし始めやがったわけです。
 自分がいるよりも明穂が一樹の側にい続けるべきだと勝手に自己完結して。
 まぁその企みも穴がありすぎて一樹にばれる訳ですが。
 つかね、やった人ならわかると思うけど、一発でわかるよ、これ……。
 シナリオ的にこれやった意図がよくわからないよ……明穂みたいなりたいからって真似っつーのが安直と言うか。一樹と付き合えるのが明穂だけっていうつばさの心を表したかったのかもしれないけど、正直ダレた。だって結果がわかってるから。
 でも最後はきっちりと落とすのがこの作品。
 明穂とつばさの姉妹の会話には温かいものを感じたわけで。
 
素晴らしき姉妹愛!! 
 そして明穂のいい女度急上昇!!
 
 にしても思った以上に長くなったな、つばさのレビュー。
 もしかしてオレって結構つばさ好きなのかも……。

【湊川珠美】
 ツンデレ辻きり巫女珠美。
 どう考えてもツンデレを意識したキャラとしか思えません。
 いや、ツンデレ好きだけど。でもなぜか珠美に魅力を感じなかった。
 ツンデレの魅力のあるなしってどこで決まるんだろう……卒論で述べようと思います嘘ゴメン。
 でも彼女のデレ度はかなりのもので……これは最後にしよう。

 彼女の個別ルートは途中まですごい平坦。
 ホント仲良くなって~ってのが主流だから。ただ夜の街を巡回して、飯食って、会話して。
 一回死に掛けますが。
 あ~、正直この辺だらけた。
 ツンからデレになっていく様をただ眺めていただけだからなぁ。
 あとつばさの嫉妬はここでも健在です。さすが嫉妬女王。兄に近寄る悪い虫を寄せ付けません。結局は珠美に譲るいい子なんですけどね。

 そして後半……つかラストに怒涛の勢いで攻めてきます。
 まず明穂の怨霊化。
 さすがつばさの姉。この姉にしてあの妹ありなのか。でもきっとつばさのほうが(ry
 しかも形は蛇、スネークですよ。しかも幽霊なのでステルス機能付き。
 問題はリキッドなのかソリッドなのかそれくらいです。性欲を持て余してはないようですが。
 冗談としても、その怨霊の正体に気がついてしまった珠美は気が気じゃないわけで。
 だって彼氏のモトカノの怨霊で……除霊しなければならないことを知ったらまた、ツンに戻りました。ツン⇒デレ⇒ツン⇒デレと味わえるのでお得ですね。
 
 そしてまさかの強制除霊。バッサリと切り捨てられるわけです。
 明穂が望んだこととはいえ、こんな展開になるなんて想像もしてませんでした。
「どうせ一樹が除霊直前に間に合って説得するんだろう」なんて思ってた。

 甘い!! 

 10円で売ってる駄菓子のヨーグルトくらい甘い(by霧夜エリカ)
 バッサリと切られたらしいですよ、明穂さん。しかも血を噴出しながら。
 幽霊なのにスプラッターですね。
 いや、幽霊だからスプラッターなのか? どっちでもいいけど。
 
 明穂の強制除霊がきっかけですれ違ってしまう二人。
 もう恋なんてしないなんて言ってしまうわけですよ。
 でもその二人を仲直りさせるのはやっぱりこの人野乃崎明穂
 ホントおいしいところは独り占めのメインヒロイン。
 携帯が苦手なくせに、一生懸命メール打って一樹を励ましたり、しまいには珠美をたった一通のメールで心から救ったり。
 ホントいい女だよ、明穂。

 ……どうでもいいけど最後の珠美のCGは反則。
 肌Y+穿いてないは最強コンボだと思うのだが。
  そして相変らず報われないつばさ。あぁ、ホント間の悪い子だなぁ。


【千早】
 疫病神兼明穂を殺した張本人
 なんつーかオレが根に持ってます。この文字サイズで察せ。
 この時点でわかるでしょうが、このシナリオ苦痛でした。
 だって一樹の気持ちがわからない。共感できない。
 前世とか持ち出されてもなぁ……って気がしないでもない。
 まぁ明穂シナリオの布石でもあるんでしょうが。輪廻転生がメインなんで。

 シナリオ的には千早がどうやって疫病神になったのかがメイン。
 不治の病とはいえ、勝手に流行り病扱いされ、最終的に無実の罪で殺された千早。
 確かに同情を覚えます。
 しかし同じようなことをしてればこの子も同罪なわけで。それが意図したことであろうともなかろうとも。
 もしオレが自分の彼女が交通事故に会って死んだとしたら運転手を恨むでしょう。殺しかねないかもしれません。人一人の命を奪うとは、何人もの恨みを買う、ということなのだから。
 だから彼女が『自分だけ恨まれていればいい』といっても、呪ってしまえば罪なわけで。無実の罪を黙って被るのと、無実の罪の後に罪を作り出し、恨んでくださいってのはまったくの別問題。
 ……なんかレビューしてて自分自身が嫌なやつに思えてきた。

 前世の一樹に恋をし、現世で生まれ変わった一樹に再び恋をした。しかし彼の隣には別の女が……ある意味つばさレベルの辛さかもしれません。
 つばさが疫病神だったら両方殺されていたことでしょう。
 まぁ最終的に一樹の呪い殺すんですけど。
 彼を死の淵から救うのはやっぱり明穂。
 またもやおいしいとこ取りです。
 彼女のおかげで一樹は蘇生し、千早と仲良く暮らすのであった。
 ゴメン、やっぱ納得いかない

 
【野乃崎明穂】
 このゲームのメインヒロインにして、歴代ゲームの最強ヒロイン(個人的趣向)野乃崎明穂。
 弱点は幽霊ってことくらい。
 いや、マジ完璧超人だよ明穂。
 だってシナリオ全体通していい女度がものすごいことになってるからね。
 まさに理想のヒロイン。オレの好みど真ん中もど真ん中。
 このまま続けても明穂を絶賛するだけなのでシナリオに関して。
 
 最後の最後まで一緒に居ようとした二人。
  だけど現実にそれが許されるわけもなくて……
 この時点でものすごい切なさです。切なさが炸裂しかねません。
 残された時間が少ないことを知り、一樹は明穂を誘って新婚旅行もとい夏に行くはずだった海へと二人っきりで向かう。
 二人で見る海は綺麗で、優しくて……そしてどこか物悲しい。
 けれど二人でいられる時間は何より大切なもので。
 家に帰ってからもみんなで花火をするなど、明穂が生きていたらするはずだった夏の思い出を作ろうとする一樹。やっぱ明穂のことを想ってる一樹が一番かな。
 あ、そうそう。ロケット花火を凶器にするのは一般常識だと思うんだけど、そこんとこどうよ?
 花火が終わり、その後珠美を送っていくときに一樹は『もしも成仏できなかったとき』のことを聞きます。
 それは明穂と二度と会えなくなり、彼女に悲しい想いをさせてしまうことだと理解した一樹。
 そして一樹の取った行動は……明穂への徹底的な無視でした。
 ……もう少し他にやり方があるだろとは思った。けれど言ったところで納得してくれないだろうってどこか考えてる自分がいて……ここが一樹のヘタレとか言われる場面だと思うんですけど、個人的にはちょっとだけ共感できたり。
 しかし一樹の冷たい態度にも限界が訪れる。自分だってやりたいわけじゃない。やってるだけで辛いんだ。だから
「明穂のこと嫌いだ」
 といって逃げてしまった。ヘタレ? 彼女のことを想ったらこれくらいしたっていいじゃないか。
 だって、嫌われようとも明穂が助かるんだから。
 結果、明穂は一樹の前から消えてしまった。けれど成仏したわけじゃなくて。
 やっぱり二人が再開するのは思い出の丘。
「成仏して、生まれ変わったらまた恋をしよう」
 二人の小指に絡まった赤い糸がそれを約束してくれた。
 そして明穂は成仏した。
 ………………
 …………
 ……
 10年後。
 約束の秘密基地で……再開を果たした二人。
  しかも明穂は前世の記憶を持ったままで。
 無事に明穂は生まれ変わったわけです。
 一樹と出会うために。そして出会い、あのときの続きを始める為に――。

 
 明穂ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
 なんかね、もう全てが温かい。優しい。この二人がほほえましい。
 あ~、マジよかった。よかったよ。
 輪廻転生とかご都合主義とかどうでもいい。
 ハッピーエンドで何が悪い!! 
 あ~、もう叫ばずにはいられないシナリオ。
 やっぱ全てを通して明穂はいい女でした。つか史上最強の幼馴染かも。個人的にタマ姉を超えました。
 くそ~、言葉がまとまらねぇや。文章書きとしてどうよ? とか思いますけど、そんなことが些細に思えるくらいよかった。
 明穂がいい女だった分、一樹がなよってしててよかったのかもしれない。もし一樹がTHの浩之みたいだったらここまでの感動はなかったかも。あの二人だからできた心地よいストーリー、ごちそうさまでした。

 でもさ、明穂(転生)と一樹の年齢差って1○歳なんだよなぁ。……ロリコン決定というか、犯罪者一歩手前とか……あとつばさの嫉妬っぷりが楽しみです。
 幼女に嫉妬する野乃崎つばさ2○歳。
 う~ん、滑稽。そしてスゲー見てみたい。


【香坂彩乃】
 バッドルート扱いの委員長にしてこのゲームのいい女その2
 そして報われない女その2
 だって好きな男を落とせると思った瞬間、その妹に現場を見られる間の悪さ。昼飯もタイミング悪くかわされるし。
 個人的にはこのバッドエンドすごく好き。
 悲しいけど、乗り越えていかないといけないものはあって……それがすごい表現されていたかな。本当はこうあるべきだった、みたいな感じですかね。
 なによりすごい青春臭いのが心地いい。
 いろんなところで委員長ルート希望って書いてありますけど、ここでも書かせていただきます。

委員長ルート
希望!!
 
この文字サイズでどれだけ希望してるかわかってくれればいうことはありません。

【総評】

 明穂最高!! 

 この一言に尽きる。
 こんにゃくに続き、ものすごく楽しませていただいたゲーム。
 このゲームの魅力は野乃崎明穂に凝縮されていたと思う。
 だから明穂というキャラが好きになれた人はものすごく楽しめるはず。それ以外の人でも、青臭さと切なさ、優しさが好きな人はやって損はしない。
 CGは言うまでもなく、音楽もかなりのものですのでどれをとっても不満はない。あるとすれば委員長ルートがなかったことくらい。
 個人的にかなりお勧めのゲームです。
 ってなわけで点数は

 94点
 
 今年は良作ありすぎて、点数の基準が高くて困ります。
 さ~て、次はなにをしよっかなぁ。これの後だからよほどの作品じゃないとかなり過酷な批評になりそう。


カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。