FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

06

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

向日葵

 パソコンが壊れました小椋叢葦です。
 メインで使っているノートじゃなくて、昔買ったデスクトップなので助かりましたが。
 どうやらウインドウズ自体が壊れているらしく、再セットアップしたらLANボードを読まなくなってネットに繋げない。
 個人的には困らないのですが、オレ以外の家族は困りそうですね。
 まぁ関係ないですが。
 パソコンをどうにかリカバリーしようと四苦八苦していたら、いつの間にか夕方。
 しかも最終的にはやっぱりLANを読まないという無駄苦労に終わったのが切ないです。
 本当なら今日は執筆する予定だったのに……。

 とりあえず車輪の国、向日葵の少女クリアしました。
 やっぱパルフェレベルの面白さですね。
 ゲームとしてはパルフェの方が秀逸ですが、一番面白かったシナリオという点で車輪の国かなと。

(ここからややネタバレ)
 最終章に伏線が全て解けるあの快感はたまらないものがありましたね。
 ぶっちゃけゾクゾクした。
 最後の最後まで微妙に読めない展開が続いて、緊張感が抜けないままラスト。
 磯野かっこいいよ、マジで。あいつは参謀と言う感じだな。
 あととっつぁん。これマジ最強。言っていることがすごすぎ。
 彼の言っていることは世の中では間違いないことで正しいんですが、それをエグイくらいに納得させ、見せつける。やり方一つとってもエグイ。でもそのエグさが世の中のエグさなんだなと思ったり。
「行動を予測しているのではない、行動を指定しているのだ」 
 このセリフは身震いすら覚えたね。

 ラストはあっさりしている感じがしますが、個人的にはアレでもいいかと。
 個人的に一番納得がいったのは璃々子かな。
 どう考えてもあのまま賢一が大人しく引っ込むような気がしないんですよね。他のシナリオは仲良く幸せに、その子のことだけを考えるとものオレだけかもしれませんが。
 だから政治家となって国をひっくり返そうとする彼が、一番彼らしいかな、と。
 
 あとこのゲームを盛り上げた要因に間違いなく音楽があります。
 音楽の使いどころがものすごく適切かつ、合っている音楽がつくってあるというか。
 演説のときの曲はかなり印象深い。
 サントラでたら間違いなく買うだろうなぁ。
 あんまりスローテンポの曲は聴かないのですが(普段はロックばっかり)、これはゲーム思い出してサントラ聞きたいですね。
 (ここまで)

 どのキャラも魅力的に書かれ、しっかりとした世界観に驚かされ……いやはや、まさに脱帽。
 まさに年始にして最高の作品をやってしまったのかもしれない。
 というか今までやったゲームの中でも5本の指に入る作品。
 やってない人は今すぐ、是非にでもやれ(命令形)
 というわけで久し振りの簡潔レビューでした。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment


カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。