FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

10

Category: MistySpell

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ユキノシタ 11話

「もう……大丈夫ですから」
 雪姫ちゃんは体をそっと離し、袖で涙を拭く。目の下には涙の跡が出来ているものの、表情は至って普通。それどころか元気になったようにも見受けられる。この様子ならもう大丈夫だろう。彼女に確かめたわけじゃないが、そんなことするまでもない。今度の笑みは辛さなど感じさせはしないのだから。
 そのときふと思い出す。俺はそもそも彼女をなぜ追いかけていたのかを。今に思えばあれは無理矢理に作った理由のひとつなのだが、それでも返さないといけないだろう。
「そうそう、雪姫ちゃんうちに財布置いていったろ。ほら――」
 と財布をしまったはずの後ポケットには何もない。というかあるのがパンツ。そういえば後破れてたんだっけ。
 …………ちょっとまて。いや、どこかにあるはずだ。そう思い体中を探るがどこにも見当たらない。そもそも財布が入りそうな箇所なんてズボンのポケットくらいしかない。
「どうしました? 」

「……ゴメン。財布落とした」
「え? でもさっきコーヒーおごってもらいましたよね」
「あれは俺の金。で、落としたのが……雪姫ちゃんの財布」
 沈黙。
 静寂。
 冷たい風が吹く。
 人が目の前を過ぎ去る。
「………………」
「…………き、気にしなくていいですから。あれは浩一さんにお礼として差し上げたものですし。それどころか本来ならもっと払わなきゃいけないくらいで……あの、その……」
「ゴメン、ちょっと探してくる。たぶんさっきの交差点で落としたとおもうからさ」
「そ、それじゃあわたしも行きますです。ちょっ、ちょっとぉ。置いていかないでくださ~い」
 追いかけていたときはものすごく速かったのに、なぜか俺と雪姫ちゃんとの差が段々と開いていく。すぐそこなので見失うなんてことはないだろうと思い放置することに決定した。
 公園を出て、すぐ側の交差点。先ほどのことが思い出される――もちろんズボンが破けた事件もだ――が、そんなことよりも今は財布。これを見つけないことには雪姫ちゃんにあわす顔がない。
「浩一さん。確かこの辺ですよね」
 さっそくあわしてしまった。どうしてこの子は微妙に間が悪いのだろう。
「どうかしました? 」
「ちょっとね……それよりもあった? 」
「見当たらないです。もうちょっと探して――ってありましたよ! 」
 やけに簡単に見つかったな。こういうのって頑張って探して、苦労の末ようやく見つかって友情を――ってどこの次元の話をしているんだ俺は。そんなもん小説くらい。現実ではだいたいがすぐ見つかるか、全然見つからないか。そんなにドラマチックにはいかないのが常。わかっているつもりだが、どうもしこりが残るような結末だった。
「はい、どうぞ」
 何事もなかったように雪姫ちゃんは俺に財布を渡してくる。
「いや、だってこれ君のでしょ」
「でもわたしが浩一さんにお支払いしたものです。それともやっぱり体で――」
「あ~~~~~!! 君みたいな高校生が朝っぱらからそんなこと言っちゃダメ。わかった? わかったら黙って頷く!! 」
「サー、イエッサー」
 了承してくれたが黙って頷いてはくれなかった。もしかしてスルーされたとか……。意外とツッコミには厳しいらしい。
「と、とにかく。これは雪姫ちゃんの。大事にしておきなさい」
 俺は無理矢理に彼女に財布を握らせる。不承不承にも納得してくれたらしく、そのまま財布をポケットの中にしまってくれた。
 横を通り過ぎたおじさんに怪訝な顔をされたが、これくらいなら許容範囲内だろう。別に財布渡していかがわしいことしたわけじゃないし。……でも対外的に見たらそう見えるのかも。ヤバイ。もしかして警察に連行されるとか? しかも男が背負ってはいけない十字架ランキングトップ3に入ると言う児童買春で。ぐぁっ! まずい、まずすぎる。なんていいわけ――もとい弁解したらいいのだろうか。そもそも警察は俺の証言を認めてくれるのか? 
「あの……ひとつお願いしていいですか? 」
「警察は勘弁して」
「はい? 」
「……ゴメン。被害妄想が強すぎたみたいだ。で、何? 」
 ここで聞き返さなければもう少しことは穏便に済んだかもしれない。せめて路上、しかもサラリーマンとかの通勤時間でなければあそこまで嫌な思いをすることもなかっただろう。
 意を決してなのか大声で雪姫ちゃんはこう叫んだ。

「わ、わたしを買って下さい!! 」

……to be continued

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment


カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。