FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

19

Category: MistySpell

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ユキノシタ 14話

「見てくださいよ~。浩一さ~ん」
 俺の目の前でくるくると回る少女。その名は木下雪姫。本日から洋食屋『楽々』のフロアースタッフの一員として仕事することになった。
「どうですか~? ここの制服って一見地味なんですけど、着てみるとすごく可愛いんですよ。へへぇ~」
 確かにここの制服は地味だ。ここは普通の洋食屋。どこぞやのメイド喫茶のようにヒラヒラした装飾が施されているわけもなく、普通の給仕服。通常のファミレスよりも地味な制服を想像してもらえればいいだろう。
 別にこれといってこだわりがあるわけでもない。決めたのは全部麗音なんだから。俺はただ出資しただけ。別にウエイトレスの制服がどうでも仕事に関わるわけでも無いし。
 麗音に言わせれば
「売り上げの20%は期待できるよ」
 らしいが、ホントの所はよく知らない。
 とりあえずお客さんはそこそこ入っているので、困ってはないのだが。
「う~ん、あたしが思ってたよりずっと似合うわね」

 腕を組みながら監督のように雪姫の姿を観察する麗音。
「お前何してんだ。さっさとディナーの準備しろよ。もうすぐバイトの子だってくるんだし」
「わかってるって。でもそれより雪姫ちゃんの教育のほうが先でしょ。いきなりお客さん任せるわけにもいかないんだし」
「そりゃそうだ……俺は仕込みで忙しいからさっさと連れて帰ってくれ」
「らじゃ。ほら、雪姫ちゃん、お兄ちゃんいつまでも誘惑してないでキリキリ働くわよ」
「誘惑してるんじゃないですよ。だって可愛くないですか? 」
「あ~、かわいいかわいい。さて、早速仕事しようか」
「ひ~ん、麗音さん冷たいよぉ」
「あたしは冷酷非道な女だからね。ほらほら、こっちに来て」
 首根っこをつかまれ麗音に連行される雪姫。
 ……本当に雇ってよかったんだろうか? 
 拭えぬ心配ばかりが俺の心に積もるのだった。

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment


カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。