FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2020

徒然叢

つれづれと記される雑記ばかりのブログ。たま~に執筆していたりします。

23

Category: 駄文

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ユキノシタ 16話

 雪姫がこの店に来て一ヶ月。
 寒さもだいぶ和らぎ、あの頃あった雪も完全に溶けきっていた。
 外に目をやれば強風が吹き荒れる。飛ばされそうになる看板をしまい、ドアにかけてある看板だけでオープンしていることを知らせる。
 そんなところに春らしさを感じる俺も相当の変わり者だろう。
「今日は風が強いね~。せっかく整えた髪型があっという間に無駄になっちゃう」
 買出しから帰ってきた麗音は乱れた髪を手串で直しながらカウンターの上に荷物を置く。
 中に入っているのは菜の花など春らしい野菜たち。本日のランチに出した春限定メニューが俺の想像以上に出て、ランチが終わる頃にはすでにディナーの分で賄うほど野菜を使ってしまった。
 ありがたい話なのだが、この風の中買出しに言った麗音に小言を言われることになってしまった。
 麗音の愚痴を聞きつつため息を一つ。俺だって朝からの仕込みで疲れてるんだし、何よりこれからディナーの仕込をしなきゃならない。
「そういや雪姫は? お前と一緒に買出し行かなかったっけ? 」
「…………お兄ちゃん聞いてよ!! 」
 いきなり麗音がしがみついてきた。正直ウザい。このまま強制的に引き剥がしたいが、麗音も女性。あまり手荒なことはしにくい。
「はぁ……で、どうしたんだよ」
「雪姫ちゃんてば最近あたしより商店街で声かけられるの!! 」
「……………………」
「以前はちやほやしてくれた魚屋の吉岡さんとか、八百屋の村田さんとか最近じゃ雪姫ちゃんばっかりに優しくして……何? やっぱり若さなの? 23はもうヤバイの? 」
「……………………」
「そりゃ最近ちょっと太ったかなぁとか、皺とか気にし始めてきたけど……だからってまだイケルよね? 行き遅れてないよねあたし!? 」
「…………で、雪姫はどうした? 」
「だから悔しくって荷物いっぱい持たせちゃった。てへっ」
 23でてへっって……いや、そうじゃない。
「下らない恨みを晴らすな!! 雪姫は? 」
「たぶん重い荷物に苦戦しながら店まで向かってるんじゃないかな? さっきは荷物持ち上げられなくて苦戦してたし」
「アホ!! ったく……ちょっと店頼んだ」
「いってらっしゃーい」
 自分が悪いなど微塵も思っていない見送り。やっぱ一発殴るか? 
 ドアを開け商店街に向かう。
 あいかわらず風は強く、少し歩くだけで目に砂が入りそうになる。歩くのに困難するほどではないが、用がなければ出歩きたくない強さ。
 そんな中雪姫を見つけようと辺りを見回す。
 店を出て5分ほどした辺りだろうか。ようやく雪姫の姿を見つけた。
 見知らぬ男と共に。

……to be continued
 

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment


カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小椋 叢葦

Author:小椋 叢葦
おぐらそういと読みます。
頻繁に名前が読めないと突っ込まれます。
MistySpellの副管理人。
移転作業完了しました。更新ペースはまったりですが、よければおいでませ。
mail:soui_ogura●mail.goo.ne.jp(●を@に変更して下さい)

Twitter...
MistySpell活動報告
新作短編:「いつまでも、いつまでも」2話公開中
       次回作は恋愛(50%)か
       ハードボイルド(5%)
近すぎる距離:1話10%
光源氏になりたくねぇ:7話公開中
トップ絵:常時募集中。
リンク

MistySpell(小椋叢葦+水無瀬アズマ) 小椋叢葦と水無瀬アズマによる文章サイト。現在移転作業中。まずはある程度作品を作ってからにします。もうしばしお待ちを

Fools parade.(水無瀬アズマ) MistySpellの相方、水無瀬アズマのブログ。コイツの相方やってて大丈夫かと時たま不安になるけど、今日も頑張ってます。

非日常的ハロルド@どいちゅ(ハロルド様) ドイツ在住ハロルドさんのブログ。何かと忙しそうですがレッスンがんばって下さい。いつかドイツに遊びに行きたい。

バナー
当ブログのバナーになります。リンク貼ってくださるときにお使いください。